日米会話学院 ホーム>プログラム検索>条件から探す>上級通訳演習総合講座 上級2

プログラム検索

科目案内

条件を選びなおす


New
コード番号 科目名 プログラム名
92709 上級通訳演習総合講座 上級2 通訳 選択科目
学期 曜日 時間帯 レベル 使用言語 定員
1月期 13:30〜16:30 (170分) 上級2 TOEIC 900点〜 日英 15
受付状況 回数 授業日程 募集期間 学費
5回 1/14(日)〜3/11(日)(1/21, 2/4〜2/18休み) 11/13(月)〜12/21(木) 39,700円
授業見学 ※同講師の他の科目の見学は可能です。お問い合わせください。(各授業日先着2名様)
授業内容
この講座は英日、日英の通訳練習を主体として、上級の総合英語学習を目指すものです。

講師は日本の会議通訳界の草分けの一人です。
これまでに通訳を務めた著名人には、ハンス・モーゲンソー、ウオルト・ロストウ、ジョン・ガルブレイス、ビグニエフ・ブレジンスキー、ジョージ・マッガバンなどがいます。

英検1級やTOEICテスト900点ではまだ真の上級英語力のレベルに達していません。この講座では講師の担当した実際の通訳の録音を教材にします。
また、上級英語力の養成のためには上級英語の教材による大量の読解練習が必要です。この講座では読解練習の教材として、ワシントンにある戦略国際問題研究所から毎日送られてくる資料を使用します。特に留意すべきは上級動詞の使用です。
例文
●彼は日本でのビジネスの方式を中国での彼の新ビジネスに応用しようとしたがダメだった。
 →He tried in vain to extrapolate his Japanese business practice to his new venture in China.
●政府はその問題を矮小化しようとした。
 →The government tried to trivialize the issue.

通訳を目指さない方、英米大学院への留学準備の方にも好適の講座です。講師の米国、フランス留学の経験からも留学準備の助言が出来ます。特に論文の書き方など。

同講師の同名2科目(土曜/15:45〜、日曜/13:30〜)は併行受講が可能です。

※パンフレットにてご案内の日程より変更となっております。
使用教材
●プリント教材を使用します。

講師

大井 孝

パリ第2大学国家博士(政治学)(仏政府給費生)、早稲田大学大学院修士課程修了(政治学)、コロンビア大学大学院修士課程修了(政治学)(フルブライト給費生)、早稲田大学卒(政治経済学部)。

東京学芸大学名誉教授、元米国務省言語サービス課嘱託通訳、英仏語会議通訳。元国際教育振興会理事長、日米会話学院学院長、現同顧問。主著:「欧州の国際関係 1919-1946」。

募集要項を見る  お申し込みはこちらから

ページの先頭へ戻る

プログラム検索
クラスを探す
目的から探す
パンフレット閲覧
お申し込みの前に
授業見学
レベルチェックテスト
よくあるご質問
資料請求

03-3359-9621

平日 受付時間 9:00〜20:00
土曜 受付時間 9:45〜17:30
日曜・祝日の受付は行っておりません。

info@nichibei.ac.jp

四ツ谷駅徒歩5分

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-50
最寄り駅:四ツ谷駅 JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線
(四谷駅前地区再開発のため2019年9月まで移転中)

日米会話学院 公式
Facebook / Twitter

聴く日常・ビジネス英語 日米会話学院Podcasting Step Up英語フレーズ集